LinkIcon「Ctrlキー」と「+キー」で拡大

since1998

Profile

畠山高
Takashi Hatakeyama

1954年2月、秋田県六郷町(現在・美郷町)生まれ。日本アルプスの名峰『剱岳』に青春を費やし、剱岳の撮影を続け、1994年 プロ作家として活動を始める。現在は、デジタルカメラ、デジタルムービー(ハイビジョン)の撮影に取り組んでいる。山岳写真家。デジタルカメラ・セミナー講師、登山ガイド(トレッキング)、ツアーリーダー(一般旅行業務旅程管理者)。ニコン・ヤマケイ写真塾、NHK文化センター、茨城県県民大学、地方公共団体、山小屋主催、羽村ゆとろぎ等などでデジタルカメラ教室を開催する。
山岳写真同人・四季、日本山岳写真集団を経て、現在フリー。
1994年8月 東京新宿・オリンパスギャラリーで『剱岳峻峭』を2週間開催
1995年5月 秋田市・アトリオンで『剱岳峻峭』を1週間開催
1995年8月 富山市・富山県民会館で『剱岳峻峭』を1週間開催
1999年11月27日~12月18日 秋田県・六郷町(現・美郷町)学友館で『剱岳に投影して』を23日間開催
著書に『わが剱岳』(東京新聞出版局)1998年6月『剣岳』(山と溪谷社)2000年8月『今から始める山のデジタル写真』(山と溪谷社)2005年4月がある。
共著に 『四季日光』(グラフィック社)、『日本アルプスの四季』『山で観る樹』(東京新聞出版局)、『MOUNTAIN VOICE』(情報センター出版局)、『四季・上高地』CD-ROM(シンフォレスト)、『一山一華』(朝日ソノラマ)、『私の一名山』(河出書房新社)などがある。







2012face.jpg冬枯れを撮る著者

撮影スタイル

現在の撮影スタイルは、速写性を重んじています。つまり、手持ち撮影が多いことになります。写真は一瞬。というポリシーからくるものです。カメラもAPS-Cタイプのものを使っています。レンズが小さくなるので、軽くてすみます。これも機動性を重んじているからです。基本は、手持ち撮影。手ブレを起こさず、露出を間違わなければ、十分に良い写真が撮れるからです。
フィルム時代は、4✕5(しのご)機材やテント食料など40kg以上の荷物を担いで山に入っていたことを懐かしく思います。
最近、Photoshop CCというのが出現し、低速シャッターや望遠レンズなどでの手ブレした写真を補正してくれる機能ができました。少しずつソフトも進化していますが、撮影の基本や撮影のポリシーは変わりません。LinkIconPhotoshop CC

現行講座と履歴
写真教室関連
NHK文化センター・八王子
NHK文化センター・横浜ランドマークタワー
NHK文化センター・仙台
NHK文化センター・福島
NHK文化センター・郡山
アルパインツアーサービス
茨城県県民大学・県西生涯学習センター
茨城県県民大学・鹿行生涯学習センター(レイクエコー)
ニコン・ヤマケイ写真塾(ニコンと山と溪谷社のコラボ)
池ノ平小屋(富山県・裏剱岳)
(有)グリーンプロジェクト(石川県・小松市)
羽村ゆとろぎ(東京都・羽村市)
㈱カルチャー・昭島(東京都・昭島市)
岩崎村(青森県)講演・写真選者関連
全日本山岳写真協会(東京都・池袋)
山岳写真同人・四季(東京都・銀座)
山岳写真同人・峰(群馬県・前橋市)
デサント・京王百貨店(新宿)
東京アウトドアフェスティバル2005・サンシャインシティ
六郷町登山協会(秋田県・美郷町)
写団所沢(埼玉県・所沢市)
城西フォトクラブ(東京都・田無市)
フォトクラブ県西(茨城県・筑西市)
登山ガイド経歴
山と溪谷社・ヤマケイカルチャークラブ
実践写真教室&登山ガイド
鳥海山、羽黒山、月山、根子岳、四阿山、浅間山、東籠ノ登山、筑波山、剱御前、別山、立山(富士ノ折立、大汝山、雄山)、焼岳、西穂高岳、双六岳、笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳、水晶岳、鷲羽岳、三俣蓮華岳、野口五郎岳、燕岳、大天井岳、常念岳、乗鞍岳、白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳、甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)、鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳)
国内・実践写真教室
燕岳
乗鞍高原
上高地
劔岳
劔岳・池ノ平
八ヶ岳
立山
白神山地
三ツ峠
双六岳
美ヶ原・王ヶ頭
鳥海山
西穂高岳
四尾連湖
涸沢・涸沢岳
瀬戸合峡
奥日光
海外・実践写真教室
ヒマラヤ・ランタン谷(ネパール)
アシニボイン、レイクルイーズ、バンフ(カナダ)
パタゴニア(チリ・アルゼンチン)
ブランカ山群・マチュピチュ・ナスカ地上絵など(ペルー)
出版物と掲載誌
■個人の出版物 Personal Publishing
book01.jpgわが劔岳 東京新聞出版局『剣岳』畠山高著日本の山と渓谷17「剣岳」・山と溪谷社『今から始める山のデジタル写真』畠山高著今から始める山のデジタル写真・山と溪谷社
今ではそう簡単に手に入らないと思います。もしかしたらLinkIconAmazonなどから一部購入できるかもしれません。
■共著の出版物 Participate Publishing『四季日光』(グラフィック社)、『日本アルプスの四季』『山で観る樹』(東京新聞出版局)、『MOUNTAIN VOICE』(情報センター出版局)、『四季・上高地』CD-ROM(シンフォレスト)、『一山一華』(朝日ソノラマ)、『私の一名山』(河出書房新社)などがある。
■写真及び記事の掲載誌一例
岳人・東京新聞出版局岳人・東京新聞出版局山と溪谷・山と溪谷社山と溪谷・山と溪谷社アサヒカメラアサヒカメラYAHOO! JAPANYAHOO! JAPAN実践 デジタル写真塾実践 デジタル写真塾ALPINE CALENDER 山と溪谷社ALPINE CALENDER 山と溪谷社I.S.I.S.イスカ・カタログISUKA CATALOGUE美しき日本の山 カレンダー 山と溪谷社美しき日本の山カレンダー 山と溪谷社