LinkIcon「Ctrlキー」と「+キー」で拡大

since1998

光を活用するツール

カメラを片手に自然散歩

自然を歩くこと、それだけでも身体にいいことですね。歩くことが昨今見直されてきています。日頃便利な社会の中に居る私たちは、身体を動かさないことが多くなっています。狭い部屋に閉じこもりがちですと、心も閉鎖的になってしまいます。
自然を歩くことは、心身ともに活性化され、友だちができればさらにコミニケーションが生まれます。
そして、カメラは、やさしいお絵描きセットです。「いいな!」を即座に収めることができるとっておきのツールです。
八ヶ岳高原のひとこま(八ヶ岳)
ところで、カメラはどのような構造になっているのか知っていますか?最初から「難しい!」と決めつけないでください。とても高度なことを研究者が行っていること以外は、私たちにも覚えることができます。でも、その覚えるスピードは千差万別。ノロマの亀さんでいいじゃないですか!楽しくなければ辞めてしまいますからね。
カメラは、光を取り入れて、像を映しだし、記録しています。そして、カメラに覚えこましていることがあります。それを知れば、カメラを使いこなしてゆくことができるんです。このサイトでは、気軽に散歩しながらより素敵な写真が撮れるアドバイスをしております。
自然を歩くには、自然をよく知らなくてはなりません。自然の変化に適応した判断と行動が必要です。厳しい自然を無視すれば遭難になりますが、ご機嫌の良いときに行動すれば、快適な漫歩を楽しむことができます。そんなこともこのサイトではアドバイスしております。

水芭蕉水芭蕉

山を歩き感動する

山を歩くということは、自然をよく知ることでもあります。自然は驚異と美麗が共存している世界です。特に気象の変化に対応しなければなりません。雨、雪、風、寒さ、暑さに対応するためのノウハウがあります。
可憐な高山植物を見るのも山の愉しさです。高山植物の覚え方のページを作りました。また、登山ガイドを通して、より多くの方々と会話しています。
山を登ると、苦しいですよね。そのために体力をつけたり、荷物を軽くしたり、経験を積んだりします。人ぞれぞれに山の登り方ありますし、楽しみ方があります。でも、その苦しさの先に感動があるから山に登るのだと思います。山を永く歩いてゆくと、苦しさが和らぎ、楽しさに変わり、余裕ができて、感動も多くなります。
本来感動とは、人から伝えられることではなく、自分の自然体の中から一瞬の幸福感があふれることだと思います。もしかしたら、人の幸福度は、「どれだけの感動をもって生きたか?」と言えるかもしれません。
ところで、山歩きをして多くのことを学ぶことができます。それにはまず「受け入れる」という享受の姿勢が必要です。人が生き抜くためには、災難を避けなければなりません。天候の急変は遭難につながります。引き返す勇気と「またくればいいじゃないか」というおおらかな気持ちが大切です。
人は不思議です。目的意識をもつとそれを達成しようとします。山の頂点に立つ。その山の固有種を見つける。動物と出会う。その山の勇姿を撮る。目的は違えども、人はそれによって行動しているのだと感じます。
山が好きな人は、素直な自分を見つめている人です。私たちは、そんな人たちと語らい、助け合い、感動の一瞬を分かち合うために存在します。

黄葉(八ヶ岳)青空と紅葉(八ヶ岳)

具体的な取組み

■撮影した写真及び動画をできるだけ安価で提供し、企業及び組織の促進活動を応援します。
■このサイトを通して、山や自然の接し方からエコツーリズムの推進に協力していきます。
■デジタルカメラ教室や写真クラブを通して、素敵な写真の撮り方や人のコミュニケーションにプラスになるようにしていきます。
■「コンパクトデジタルカメラ」でも一眼レフに負けない撮影法を解説します。
■「デジタルカメラ」やその関連用語をわかり易く解説します。
■「フォトレタッチ」を分かりやすく解説します。
■「高山植物」の覚え方を一緒に解読しましょう。
■「優れたサイト」をリンク紹介させていただきます。
■「「インターネット」を通して、検索方法や活用法を説明します。

In expensive as possible to provide photographs and video, will support the promotion of businesses and organizations.

We will continue to cooperate in the promotion of ecotourism and natural way of interacting with the mountains.

Through classroom and digital camera photography club, will continue to communicate so as to plus and people who take great pictures.

"Compact" describes the methods SLR photography even competitive.

日本海の夕日(山形)

畠山高
Takashi Hatakeyama Digital Photography

ホームページは、1998年より開設し、「Digital Photography "Blue Mountain"」(http://www.b-mountain.com)でしたが、2010年に「Digital Photography Field Mountain」(http://f-mountain.p1.bindsite.jp)に、2013年4月、[ http://www.f-mountain.com ] へ変更しました。長期取材中にドメインの期限が切れ、ドメインを変更し、タイトルを少し変え、ホームページを簡素にしました。

Website is established since 1998, "Digital Photography" Blue Mountain "" (http://www.b-mountain.com) was, in the year 2010 "Digital Photography Field Mountain" (http://www.f-mountain.com)and have been changed.

お願い
Takashi Hatakeyama Digital Photography

■「畠山高デジタルフォトグラフィー」は、原則としてリンクフリーにしております。ご連絡は要りませんが、リンクを貼る場合は当サイトに適切なページであることをお願いいたします。
当サイトは、山を愛好する方、写真を愛好する方、自然や旅行を愛好する方などを対象としたサイトです。それらに相応しくないと判断した場合は、リンクの取り下げをお願いする場合がありますメール等でご連絡いただければ相互リンクいたします。ただし、上記の内容から逸脱しているサイトに関してはご容赦ください。リンクを貼っていただく場合は、できるだけトップページから入場いただくようにお願いいたします
■著作権について
畠山高Digital Photography のホームページに記載の文、PDFならびに画像等は畠山高に帰属します。著作権法にしたがい個人で楽しまれる場合を省き、当該著作物を無断で複製・改変またはこれらを無断で利用することはできませんのでご注意ください。